2017/04/19

都市部のフィンテックサービス利用度

パソコンでのインターネットバンキングの利用動向は頭打ち。
その他のフィンテックサービスは未利用者の利用意向がそれぞれ15~20%程度。
まだ大多数が利用するサービスとは思われていない。


http://www.icr.co.jp/press/press20170418.html

発表元:情報通信総合研究所
調査対象:NTTコム リサーチ クローズド調査
調査方法:非公開型インターネットアンケート
調査期間:2016年11月18日~11月21日
有効回答者数:1,052人
標本設計:地域分類を、政令指定都市(都市部)と政令指定都市以外の市区町村(地方部)に分けた。それらの地域分類に、『平成27年国勢調査 人口等基本集計』の2015年人口を割り付けし、今回のサンプルを抽出した。


2016/12/01

年代別インターネット利用率

2016年3月にWebアクセシビリティに関するJIS規格が改定されたが、シニア層にも着実にインターネット利用は進む。
70代のインターネット利用率53.51%



http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/statistics05.html

発表元:総務省「通信利用動向調査」
調査期間:2016年1月~2月
有効回収数:36,402人
調査方法:郵送及びオンライン(メール)による調査票の配布及び回収


2016/10/21

大手銀行サイトの端末別アクセス数

金融関係はスマホからのアクセスが他の業界に比べて少ないものの、それでも50%は超えている状況。
主にオンラインバンクでの利用が進んでいる模様。


http://www.similar-web.jp/blog/archives/3985

発表元:SimilarWeb
調査期間:2015年1月~9月
調査手法:SimilarWebによるインターネット視聴率調査


年齢別インターネットバンキングの利用端末比率

過去1年間にインターネットバンキングにアクセスした割合。
あくまでインターネットバンキング利用であり、金融商品や金利・手数料などの情報を調べるだけであればもっとスマートフォン利用の割合が多いと思われる。


http://www.fujitsu.com/jp/group/fri/column/ideatank/2016/2016-06-2.html

発表元:富士通総研
調査期間:2015年9月
調査方法:Webアンケート調査
有効回答:2,106件
調査対象:日本国内在住の15歳以上


年齢別の通信端末保有状況

60歳以降を5歳刻みにしたグラフ。
20代から40代までのスマホ普及率が高いのは周知の通りだが、60代前半においてもスマホ保有率は35%を超える。70代前半でも12%。



http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001074118&cycode=0

発表元:総務省「通信利用動向調査」
調査期間:2016年1月~2月
有効回収数:14,765世帯(36,402人)
調査方法:郵送及びオンライン(メール)による調査票の配布及び回収